下顎前突

下顎前突(かがくぜんとつ)とは


一般的に「受け口」と呼ばれる状態です。

下顎前突の原因


下顎前突(かがくぜんとつ)は上あごより下あごが大きいことを指します。下あごが大きいのは、遺伝的な影響が強いと考えられていますが、場合によってはあごの大きさの問題だけではなく、前歯のはえる角度の問題で生じることもあります。

幼い頃の舌や唇(くちびる)の癖(上唇を吸い込んだり、舌を出したりする癖)が原因になるケースもあり、この場合は特に永久歯で全て生え揃う時期よりも前に第Ⅰ期治療(第1段階)治療を行うことが有効な場合があります。

下顎前突を放置した場合の将来的なリスク


前歯できちんとものを噛み切ることができないので、消化不良を起こしてしまう場合があります。また奥歯ばかりでものを噛んでしまうため、奥歯への負担が大きくなり、早期に奥歯を失ってしまうことも心配されます。

 下顎前突の治療例


主訴 受け口が気になる
診断名 AngleⅢ skeltal3 不正咬合
年齢 20歳7ヶ月
使用した主な装置名 マルチブラケット装置
抜歯/非抜歯および抜歯部位 抜歯、上顎第一小臼歯
治療期間 2年8ヶ月
費用の目安 約90万
リスク副作用 歯肉退縮、歯根吸収、知覚過敏、虫歯、歯肉炎

Before

症例画像治療前
症例画像治療前
症例画像治療前

After

症例画像治療後
症例画像治療後
症例画像治療後