開咬

開咬(かいこう)とは


「イ」の音を発音するときのように、上下の奥歯をしっかり閉じても、上下の前歯に隙間がある状態です。

開咬の原因


遺伝の他に、幼児期の指しゃぶりや舌を突き出すといった癖、口呼吸が影響しています。

開咬を放置した場合の将来的なリスク


隙間があるので前歯で食べ物をうまく噛み切ることができず、横の歯で噛み切ったり、無理に飲み込む癖がついてしまうことがあります。また、発音しづらいため、言葉が不明瞭になることもあります。

 開咬の治療例


主訴 前歯で物が噛めないのが気になる
診断名 前歯部開咬を伴うAngle classⅡ-1 skeltal2 不正咬合
年齢 16歳3ヶ月
使用した主な装置名 マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯/非抜歯および抜歯部位 抜歯、上下顎第一小臼歯
治療期間 3年
費用の目安 86万(税込み)
リスク副作用 歯肉退縮、歯根吸収、知覚過敏、虫歯、歯肉炎、う蝕の発現、歯周病の悪化

Before

症例画像治療前
症例画像治療前
症例画像治療前

After

症例画像治療後
症例画像治療後
症例画像治療後